足大付打線を九回2死まで無安打無得点に抑えるも延長戦で力尽きた大田原の主戦藤田悠=清原球場

 第71回秋季県高校野球大会(県高校野球連盟主催、下野新聞など後援)第6日は16日、キョクトウベリースタジアム(鹿沼市営球場)など2会場で2回戦5試合を行い、シードの作新、白鴎足利、足大付が3回戦進出を決めた。

 夏の甲子園に出場した作新は3-1で足工に勝利。四回に3番横山陽樹(よこやまはるき)の左越えソロ本塁打で先制し、五回は8番立石翔斗(たていししょうと)が左越え2点本塁打を放った。

 足大付は大田原の主戦藤田悠生(ふじたゆうき)に九回2死まで無安打無得点に抑えられたが、ここから3連打で1-1の同点。延長十一回、1死二、三塁から1番川端丈士(かわばたじょうし)の中越え適時打でサヨナラ勝ちした。白鴎足利は終盤の連打で粘る小山南を8-4で振り切った。

 鹿商工は13-1で鹿沼南に五回コールド勝ち。佐野は接戦の末に佐野東を5-4で下した。

 大会第7日は17日、清原、栃木市営の両球場で2回戦最後の5試合を行い16強が出そろう。