足利織姫神社で春季例大祭 神楽や子ども八木節披露

足利織姫神社で春季例大祭 神楽や子ども八木節披露

 【足利】西宮町の足利織姫(おりひめ)神社で5日、恒例の春季例大祭が開かれた。市無形文化財の神楽や子ども八木節などが披露され、訪れた多くの家族連れらが伝統行事を楽しんだ。

 例大祭は毎年春と秋の2回開催されている。神楽は大山祇(おおやまづみ)神社太々神楽(だいだいかぐら)保存会が奉納した。軽快な笛や太鼓の音色に合わせて数種類の舞を披露。五穀豊穣(ほうじょう)を願った「恵比寿の舞」では、参拝者らに餅を配った。

 境内では焼きそばやまんじゅうなどの販売も行われ、晴天の下、多くの参拝者でにぎわっていた。