ブレックス-ゼッスリー(石川)準々決勝 ブレックスの落合(中央)が果敢にシュートを狙う=大森ベルポート

ブレックス-ゼッスリー(石川)準々決勝 ブレックスの落合(中央)が果敢にシュートを狙う=大森ベルポート

ブレックス-ゼッスリー(石川)準々決勝 ブレックスの落合(中央)が果敢にシュートを狙う=大森ベルポート ブレックス-ゼッスリー(石川)準々決勝 ブレックスの落合(中央)が果敢にシュートを狙う=大森ベルポート

 3人制バスケットボールの国内トップリーグ「3×3.EXE PREMIER(ドットエグゼプレミア)」プレーオフファイナル最終日は16日、東京・大森ベルポートでトーナメント形式のファイナル16試合を行った。北日本カンファレンス1位の「ブレックスドットエグゼ」は準々決勝でゼッスリー(石川)に18-21で惜敗した。

 トーナメントには各カンファレンス1、2位通過の12チームと、15日のプレーオフでの上位4チームが出場。ブレックスは1回戦でビーフマン(神奈川)に21-11で勝利したが、準々決勝は相手の精度の高い攻撃に苦戦。7本の2点シュートを決められると、斎藤洋介(さいとうようすけ)やマルコ・ミラコビッチらのシュートで追い上げたものの一歩及ばなかった。