栃木GB連勝ならず 追撃届かず楽天に5−7 BCリーグ

栃木GB連勝ならず 追撃届かず楽天に5−7 BCリーグ

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は4日、栃木市営球場で楽天と対戦し、5−7で敗れた。連勝はならず、通算成績は4勝8敗となった。

 栃木GBは初回、先頭打者を二塁打で出すと守備の乱れもあり3失点。1−4で迎えた三回1死二塁で、帷子(かたびら)翔太郎(しょうたろう)が適時打。2点を追う六回には八木健史(やぎたけし)の二塁打、山崎貴之(やまざきたかゆき)の左前打で1死一、三塁とし、岩井敦(いわいあつし)の右前適時打で1点差に詰め寄った。

 しかし七回、粘投を続けていた先発鈴木康平(すずきこうへい)が先頭に死球を出すと、長短3安打を集められ痛恨の3失点。直後に1点を返し、九回にも加点したが追い付けなかった。