「栃商デパート」校外で初開催 3日から軽食販売や試飲会

 【栃木】栃木商業高は3日から、販売実習活動「栃商デパート IN TOBU」を万町の東武宇都宮百貨店栃木市役所店のカフェスペース跡で開催する。同校創立100周年の節目に初めて校外での販売実習が実現した。5日まで。

 「栃商デパート」は、日頃の学習成果を発表する場として1987年から毎年開かれている。

 今回は百貨店側から同スペース跡を活用した「栃商デパート」実施の誘いがあり、開催にこぎ着けた。高校生が持つ自由な発想を大切にするため、最初から百貨店側の助言は求めず、まずは生徒主体の店づくりを目指す。

 当日は同校オリジナルキャラクター「商吉」をあしらった文房具や軽食を販売。企業と共同開発中のライスミルクの試飲会なども予定している。