県保健福祉部は14日、日光市内を訪れていた50~60代の男女4人が、毒キノコを食べて食中毒を発症したと発表した。うち男性1人が鹿沼市内の病院に入院した。

 4人は9日に同市内の登山口付近で採取したキノコを自宅で調理して食べたところ、嘔吐や下痢などの症状を発症した。「ヒラタケだと思って食べた」などと話しているという。