野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は29日、埼玉県鴻巣市上谷総合公園で武蔵と2連戦第1戦を行い、延長十回の末、1−2でサヨナラ負けを喫した。5連敗で通算成績は3勝6敗。

 1点を追う栃木GBは五回、2死三塁から相手投手の暴投で三走金子将太(かねこしょうた)が生還、同点に追いついた。先発のホーキンは7回を投げ8安打1失点と好投。八回以降は継投に入ったが1−1のまま迎えた延長十回、4番手の中村恵吾(なかむらけいご)が1死からサヨナラ本塁打を浴びた。

 第2戦は30日午後1時から埼玉・越谷市民球場で行う。