ブレックスきょうからホーム最終節 千葉と2連戦、地元で狙う地区V

 B1東地区優勝マジック1としている栃木ブレックスは29、30の両日、ブレックスアリーナ宇都宮で同3位の千葉と対戦する。今季レギュラーシーズンホーム最終節。何としても白星をもぎ取り、地元ファンの前で初代東地区王座に就きたい。

 ブレックスの通算成績は44勝11敗。5試合を残し、2位A東京に4、千葉に5ゲーム差をつけている。この2連戦で1勝でもすれば無条件で優勝が決定。仮に2連敗しても、A東京が1敗し、かつブレックスの2連戦の得失点差の合計が43点以内であれば優勝となる。

 千葉は能力の高い選手をそろえ、3点シュートの成功数はリーグトップ。わずかながら地区優勝の目を残し、必死で向かってくることは間違いない。ブレックスは受け身にならず、要所を締めた守備で主導権を引き寄せることが重要だ。

 28日の練習では千葉の攻撃の陣形やスクリーンプレーに対する動き方、カバーリングなど守備の連係を確認。比較的リラックスしたムードで約1時間、軽めのメニューに汗を流した。