わ鉄版のC型準常備往復乗車券

記念切符の表紙

わ鉄版のC型準常備往復乗車券 記念切符の表紙

 【日光】足尾町と群馬県桐生市を結ぶ第三セクター鉄道「わたらせ渓谷鉄道」(わ鉄)などの地域鉄道3社は、玩具メーカー「トミーテック」(壬生町)の「鉄道むすめ」に加わる各社のキャラクターをデザインした記念切符を初めて作製した。「硬券」と呼ばれ、鉄道ファンの興味をそそる昔の切符を再現。30日に群馬県みどり市のわ鉄大間々駅前で開く「中小私鉄フェア」で限定販売する。

 企画に参加した鉄道は、わ鉄のほか、群馬県高崎市と下仁田町を結ぶ「上信電鉄」、前橋市と桐生市を結ぶ「上毛電気鉄道」。3社が定期的に開く中小私鉄フェアに合わせ、連携して記念切符を発行する。

 切符は各社の一部区間の乗車券と入場券の7枚セット。硬い厚紙の硬券に、それぞれ鉄道むすめの「足尾さきえ」(わ鉄)、「富岡しるく」(上信電鉄)、「北原ゆうき」(上毛電気鉄道)をデザインした。

 セットのうち1枚は「硬券の中でも大変珍しい」(わ鉄)という正方形の「C型準常備往復乗車券」で、各社で異なるデザインとした。わ鉄は「裏面の特殊な券番の印刷などにこだわった。切符コレクターも楽しめる」としている。

 30日午前10時~午後3時にフェア会場で、各社1千セットを限定販売する。1セット税込み1700円。購入者には3キャラのオリジナルカードを贈呈する。

 (問)わ鉄0277・73・2110。