読書活動で文科大臣表彰 読み聞かせなど評価 佐野高と付属中

読書活動で文科大臣表彰 読み聞かせなど評価 佐野高と付属中

 【佐野】読書活動に力を入れていることが評価され、佐野高校と同付属中が23日、「平成29年度子どもの読書活動優秀実践校」として文部科学大臣表彰を受けた。

 同校は付属中を創設した2008年以来、自分で選んだ本を互いに紹介する時間を設けたり、読んだ本の感想を書き込む「読書ノート制度」を設けたりしている。また、生徒の中から有志を募って近隣の小学校を訪問、読み聞かせのボランティア活動も展開中だ。

 付属中の各教室には必読書50冊と推薦図書100冊の計150冊の本をそれぞれ2冊ずつ配り、生徒が本と接する環境づくりにも力を入れている。図書館は約3万7千冊の本を所蔵し、2015年度の貸出数は県内60校でも上位だった。