夫婦で丹精込め20年 仙波川河川敷のシバザクラ見頃 佐野

夫婦で丹精込め20年 仙波川河川敷のシバザクラ見頃 佐野

 【佐野】仙波町の仙波川河川敷で、シバザクラが見頃を迎えている。

 同所、農業山崎正市(やまざきしょういち)さん(72)、和子(かずこ)さん(70)夫妻が20年ほど前から、川をきれいにしようと植え始めたのがきっかけ。2015年にはこの活動が認められ、市水と緑と万葉のまち景観賞を受賞している。

 山崎さん方前の河川両岸約200メートルには、白や薄紫、ピンク色のシバザクラがじゅうたんのようにびっしり。堤防の外側にも張り出して、見事な景観をつくり出している。

 山崎さんは「ここは子どもたちの通学路なので、学校の行き帰りに楽しんでもらえればと植え始めた。これからは連休なので、仙波そばを食べた帰りに寄っていただければ」と話している。

 花は5月中旬ごろまで楽しめるという。