イチゴを頬張る園児ら

 【日光】土沢の宝珠保育園の園児約60人が30日、吉沢のイチゴ農園「山川いちご園」でイチゴ狩りを体験した。

 同農園の山川聡(やまかわあきら)代表(36)が、自身も子どもも通ったという同保育園の力になれればと提案し、2回目。

 園児たちは目を輝かせながらイチゴを選び、大きく口を開けて頬張った。ビニールハウス内には「大きいの採れた」「甘くておいしい」「いくつでも食べられる」といった声が響いた。

 同保育園は3年前から農業に興味を持ってもらうための取り組みをしているといい、倉松宗道(くらまつしゅうどう)副園長(37)は「農業は日光の大事な産業。子どもたちに、農業に興味を持ってもらいたい」と話した。