浸水想定区域の周知などが検討されている防災重点ため池「栗谷沢ダム」=9月上旬、宇都宮市新里町

 西日本豪雨で決壊による被害が相次ぎ、課題の一つになったため池の防災対策について、県内市町の一部が新たな取り組みの検討を始めている。同豪雨を受け県などが実施した緊急点検で応急対策が必要なため池は確認されなかったものの、ため池防災への危機感を強めている。国や県の方針を注視する市町の一方で、浸水想定区域の公表や周知などを進める市町もある。