GW国内外旅行が好調 栃木県内代理店 日並び良く9連休も

 5月1、2日の平日を休めば9連休、両日を休まなくても後半は5連休となる今年のゴールデンウイーク(GW)。県内旅行代理店は国内、海外とも旅行の予約状況が前年を上回る好調ぶりだ。特に海外は、人数ベースで過去最高だった2012年に迫るとみる推計もある。期間中は後半を中心に広い範囲で好天の予報で、県内観光地にも多数の観光客の来訪が期待されている。

 JTB関東トラベルサロン宇都宮によると、今年は国内、海外とも前年より2割ほど予約件数が多く、長期間の旅行が人気という。九郷洋一(くごうよういち)店長(42)は「日並びが悪かった昨年より長めの休みが取りやすい。旅行の予約にも反映されている」と表情も明るい。

 海外はテロの影響で過去2年間敬遠されていた欧州が前年比2倍近くに伸び、後半の連休でグアムや台湾に行く人も目立つ。JTBの動向予測では海外旅行人数は過去最高だった12年の59・6万人に迫る59・5万人に上るとされる。

 国内は新幹線開通効果で近年予約が集まっていた北海道や北陸の人気が一段落。沖縄が前年比1・4倍と好調だ。