光圀公の御神刀など一般公開  29日から、那珂川の鷲子山上神社【動画】 

光圀公の御神刀など一般公開  29日から、那珂川の鷲子山上神社【動画】 

 水戸黄門で有名な徳川光圀(とくがわみつくに)公が那珂川町矢又の鷲子山上(とりのこさんしょう)神社に拝受したと口伝される葵(あおい)紋入り御神刀などを展示した「蘇(よみがえ)る御神宝展」(入場は無料)が29日から5月7日まで同神社で開かれる。

 水戸徳川家領地だった同神社には光圀公が3度訪れた記録が古文書に残っている。約1200年続く同神社宮司を代々務める長倉家では「刀は光圀公から、鏡は9代藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)公から拝受された」との口伝があった。同神社は昨年3月、葵(あおい)紋が入った御神刀を発見。詳しい記録が無いものの大田原市那須良与一伝承館や茨城県立歴史館から「御神刀の可能性が高い」と説明を受けた。