大谷石に”ロック”響く 宇都宮JC、地下空間でライブ

 【宇都宮】幻想的な地下空間でロック音楽堪能を−。宇都宮青年会議所(JC、金克彦(きんかつひこ)理事長)は27日、大谷町の大谷資料館採掘場跡で「♯大谷ロックナイト」を初めて開催する。来場者に大谷の魅力を再認識してもらうほか、イベントの様子を会員制交流サイト(SNS)などで発信してもらうことで宇都宮の魅力を広くアピールするのが狙い。同JCは「多くの人に音楽を楽しんでもらい、その感動や感想をどんどん発信してもらえれば」と呼び掛けている。

 イベントは、同JCの広報発信委員会が中心となって企画。大谷石の岩(ロック)にちなみ、「ユーモアも込めてロック音楽にした」(同委員会)という。

 会場は地下に広がる大谷資料館採掘場跡の特設ステージ。石の空間がライトアップされる中、応募した宇都宮大の学生バンドや今年メジャーデビューしたグループなど市内在住や通勤通学者の5組が演奏を披露する。