8回3/0を4失点と粘投した作新の市川

 20日に神奈川県で開幕した春季関東高校野球。本県代表の作新学院は3年連続、文星芸大付は7年ぶりの出場となったが、いずれも初戦の2回戦で姿を消した。

 強力打線が5安打と沈黙した作新学院は、延長十一回タイブレークの末、相洋(神奈川2位)に4-5でサヨナラ負け。五回までに4点を奪ったが、六回から登板した相手左腕の変化球に翻弄(ほんろう)され、以降は無安打と失速、もろさを露呈した。

残り:約 655文字