自転車ロードレースのJプロツアー(JPT)第3戦「東日本ロードクラシック群馬大会Day−1」は22日、群馬県みなかみ町の群馬サイクルスポーツセンターで行われ、宇都宮ブリッツェンの岡篤志(おかあつし)が5位に入った。

 1周6キロの山岳サーキットコースで行われ、スタート直後からアタックが繰り広げられた。中盤はブリッツェン、那須ブラーゼンがメイン集団をコントロール。その後も決定的な逃げは決まらず、勝負はゴールスプリント勝負となり、単騎で臨んだ岡は数的不利が響いて5位に終わった。

 ブラーゼンは吉岡直哉(よしおかなおや)の8位が最高だった。23日は同会場でJPT第4戦「東日本ロードクラシック群馬大会Day−2」を行う。