栃木GB ホーキン好投、持ち味存分 援護なくG3軍に連敗

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は22日、小山運動公園野球場で巨人(3軍)との3連戦の2戦目を行い、0−7で敗れた。3連敗で通算成績は3勝4敗となった。

 栃木GBの先発ホーキンは二回に内野安打と連続ボークで1点を失ったが、その後は緩急をつけたテンポのよい投球で7回を被安打1と好投。しかし、八回からマウンドに上がった小林佑輔(こばやしゆうすけ)が1死一、二塁から鹿沼市出身の松崎啄也(まつざきたくや)(作新高−作新大−日本製紙石巻)の右越え三塁打と犠飛で3失点。九回に登板した中崎雄太(なかざきゆうた)も制球が定まらず、1死満塁から三つの押し出し四球で3失点した。

 打線は巨人投手陣の前に散発3安打。七回まで三塁を踏めず、八回に死球と敵失で1死一、二塁としたが、最後まで中軸に1本が出なかった。

 栃木GBは23日午後6時から、佐野市運動公園野球場で巨人と対戦する。