幼稚園に児童発達支援センター 那須塩原で開所、民間設置は県内初

 西那須野幼稚園(那須塩原市西大和)に併設された児童発達支援センター「シャローム」が4月、開所した。県内のセンターは5カ所目だが、学校法人のような民間による設置は初めて。通所や放課後預かりで障害児を受け入れるほか、障害児のいる保育所への助言などを通じ、幼少時からの早期療育を支える。幼稚園と併設されることで、子どもたちが障害の有無にかかわらず地域で共に成長していく環境構築が期待される。22日に開所式が行われる。

 シャロームは同幼稚園を運営する学校法人西那須野学園が1日に開所した。保育士や看護師、言語聴覚士、作業療法士ら専門職10人が常駐。たん吸引などの医療的ケア、歩行訓練や言語発達の遅れへの対応など、専門性を生かした療育支援ができる。