「日本代表入りをチャンスと捉え、自信を持ってプレーしたい」と意気込む松本(今市高)

 日本ホッケー協会は12日までに、オーストラリア4カ国大会(18~22日・ダーウィン)に出場する男子日本代表「サムライジャパン」の選手団を発表し、今市高3年のFW松本和将(まつもとかずまさ)(18)が初選出された。フル代表に高校生が選ばれるのは極めて異例で、本選手団で唯一。同校OBで天理大のFW松本航(まつもとわたる)(18)も選ばれた。

 選手団18人中10人がジャカルタ・アジア大会優勝メンバー。松本和は昨年の18歳以下、今春の5人制18歳以下に続く代表入り。今夏の全国高校総体では同校の31年ぶり5度目の優勝に貢献した。

 大会は日本、オーストラリア、アルゼンチン、マレーシアの4カ国が、1回戦総当たりのリーグ戦と順位決定戦を行う。日本代表は国内合宿を経て出場する。