重要文化財の旧家に五月人形展示 宇都宮

 【宇都宮】国の重要文化財に指定されている今泉1丁目の旧篠原家住宅で、毎年恒例の五月人形展が開かれている。5月7日まで。

 篠原家はしょうゆ醸造業などを営んでいた旧家。同住宅は1895(明治28)年の建築で、当時の豪商の姿を伝える建造物という。

 人形展では同家に伝わる4点を紹介。このうち、2階には1945(昭和20)年ごろのよろいやかぶとなどの段飾りが展示されている。