高知県南国市発注の土木工事を巡る汚職事件で、収賄などの罪に問われた前副市長吉川宏幸被告(64)に、高知地裁は13日、懲役2年、執行猶予4年、追徴金約45万円の判決を言い渡した。