孔子の生涯、版画で追う 足利学校で企画展

 【足利】儒学の祖・孔子(こうし)の生涯を版画で紹介する企画展「よみがえる孔子の生涯」が昌平町の史跡足利学校遺蹟(いせき)図書館で開かれている。6月25日まで。

 展示されているのは、中国人版画家劉長青(りゅうちょうせい)さんが2002年に制作し、同学校に寄贈したシルクスクリーン版画。

 シルクスクリーン版画は、絹を張った版を用いる版画。会場には「孤独な幼年」をはじめ、「老子に会う」「列国周游(しゅうゆう)」など躍動感のある作品9点が並ぶ。