埼玉県熊谷市で2015年、男女6人が殺害された事件で、県警が周辺住民に不審者情報を提供しなかったため妻子3人が犠牲になったとして、遺族の男性(45)が県に約6400万円の損害賠償を求める訴訟を起こすことが13日、分かった。