新型特急「リバティ」営業運行がスタート 東武日光駅で出発式【動画】

 東武鉄道が26年ぶりに導入する新型特急車両「リバティ」が21日、営業運行を始めた。初列車の到着に合わせ、東武日光駅では「出発式」が行われ、観光関係者らが笑顔で乗客を出迎えるなどした。

 式で根津嘉澄(ねづよしずみ)同社社長は「首都圏と日光・鬼怒川エリアをさらに強力に結び付けられるよう、グループを挙げて取り組む」などとあいさつ。日光市出身の書道家涼風花(りょうふうか)さんは書道パフォーマンスで式に花を添えた。

 リバティは3両固定編成が8編成導入された。一つの特急で複数の目的地に向かえるのが最大の特徴とされる。