英語と中国語で展示解説、スマホアプリ運用開始 栃木県立博物館

 県立博物館は17日までに、主な展示物の解説文を英語と中国語で読むことができるスマートフォン向けアプリの運用を始めた。

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、増加が予想される外国人に対応するのが狙い。専用アプリ「とちはくNavi」をダウンロードして展示物のQRコードを読み取ると、英語・中国語で解説文が表示される。

 スマートフォンがない場合は、同館でタブレット端末を無料貸し出しする。