任期満了に伴う塩谷町議選(定数12)は16日、投開票が行われ、新人5人を含む12人の当選が決まった。投票率は73・79%で、前々回2009年の71・44%を2・35ポイント上回った。前回13年は無投票だった。

 当選者の内訳は現職7人、新人5人。党派別では自民、共産、民進が各1人でほかは無所属となった。いずれも男性。現職は4人が落選した。

 今回は指定廃棄物処分場問題など町政への関心の高まりがあり、定数より10人オーバーの22人が立候補。前回とは一転し、激しい選挙戦が繰り広げられた。