栃木SC・西谷が劇的ロスタイム弾 沼津に2−1

 明治安田J3第5節は16日、各地で残り6試合を行い、栃木SCは県グリーンスタジアムで今季初参戦の沼津と対戦、後半ロスタイムにFW西谷和希(にしやかずき)のゴールが決まり、2−1で今季初の逆転勝ちを収めた。通算成績は2勝3分けで勝ち点9。順位は6位に浮上した。

 栃木SCは前日の練習中に負傷した正GKのジョニー・レオーニに代わり、竹重安希彦(たけしげあきひこ)を今季初めて先発で起用。立ち上がりからボールを支配したが、ゴール前を徹底して固める相手に効果的な攻撃を繰り出せず、前半を0−0で終了。後半7分に相手スローインのボールをつながれ、先制点を奪われた。

 それでも6分後にはDF福岡将太(ふくおかしょうた)のロングスローをニアサイドのFW服部康平(はっとりこうへい)が後ろにそらし、FW広瀬浩二(ひろせこうじ)が頭で押し込んで同点。ロスタイムには右サイドの崩しからMF和田達也(わだたつや)がクロスを送り、ファーサイドに詰めた西谷が豪快に左足で決勝弾を蹴り込んだ。

 次節は29日午後2時から、大阪市のヤンマースタジアム長居でC大阪U−23と対戦する。