3回、茂木・仁平の逆転の3点適時二塁打で生還し、喜ぶ一走・山田(右)ら=清原

 第76回春季県高校野球大会兼第75回春季関東地区大会県予選第4日は22日、清原球場などで3回戦7試合を行い、茂木、宇都宮工、昨秋8強の文星芸大付などが4回戦へと駒を進めた。

 打線がつながった茂木は12安打を放って栃木にコールド勝ち。春は2014年以来となる8強まであと1勝とし、桜井菜理(さくらいなり)主将は「チャンスを逃さず、点を取り切った」と手応えを口にした。

残り:約 491文字