斬新デザインの新本社完成 鹿沼のナカニシ「知的創造の聖地に」

斬新デザインの新本社完成 鹿沼のナカニシ「知的創造の聖地に」

 医療機器等製造のナカニシ(中西英一(なかにしえいいち)社長)は11日、鹿沼市下日向の本社敷地で新本社R&Dセンター「RD1」の竣工(しゅんこう)式を行った。歯、骨、金属の「削るテクノロジー」進化を目指し、研究開発力やブランド力の強化を目指す。

 RD1は4階建て約1万1200平方メートル。離れていたモーター、電気、機械の開発部門、試験部門を集約したほか、プロジェクト室6部屋を設けて新製品開発を迅速化させる。

 中央部分は、センターコートと称する最上部が直径36メートルの逆円すい形の吹き抜け空間で、各階を全長約250メートルのらせんスロープがつなぐ構造。

 竣工式のあいさつで中西社長は「イノベーションを起こす知的創造の聖地にしたい」と強調した。