「元々はJ1目標、また準備を」 栃木SCが下野新聞社で昇格報告

 サッカーJ3栃木SCの橋本大輔(はしもとだいすけ)社長、横山雄次(よこやまゆうじ)監督らが13日、下野新聞社を訪れ、J2復帰を決めた今季の活動を報告した。

 16勝12分け4敗、勝ち点60の2位でシーズンを終えた栃木SC。アウェーで行われた最終戦を振り返り、横山監督は「天国と地獄くらいの差があった。昇格という最低限の結果が達成できてよかった」。MF和田達也(わだたつや)は「たくさんのサポーターが駆け付けてくれて、バスで到着した時に鳥肌が立った」と話した。

 3季ぶりのJ2に向けて橋本社長は「元々はJ1を目指してきたチーム。2年間足踏みしてしまったので、またしっかり準備したい」と来季の意気込みを語った。