サッカーJ3栃木SCが、横山雄次(よこやまゆうじ)監督(48)に来季の続投を要請したことが9日までに分かった。横山監督は続投に前向きな姿勢を見せており、近日中に正式決定する見通し。下野新聞社の取材に対し、橋本大輔(はしもとだいすけ)社長はJ2昇格に導いた手腕を高く評価し、「勝利のために全力を尽くしてくれる人。J2の舞台でそのベースを生かしてもらいたい」と話した。

 横山監督はJ1湘南のヘッドコーチなどを経て、2016年シーズンから栃木SCを指揮。今季は終盤まで優勝争いを繰り広げ、通算16勝12分け4敗、勝ち点60の2位で3季ぶりのJ2復帰に導いた。