J2昇格を知事に報告 栃木SC

 栃木SCの橋本大輔(はしもとだいすけ)社長らは7日、県庁を訪れ、福田富一(ふくだとみかず)知事にJ2昇格と今シーズンの戦績などを報告した。

 橋本社長と横山雄次(よこやまゆうじ)監督のほか、広瀬浩二(ひろせこうじ)主将、仙石廉(せんごくれん)、広瀬健太(ひろせけんた)両副主将の3選手が訪問した。

 横山監督は「昨年は期待に応えられず悔しかった。多くのサポーターの気持ちに支えられてJ2に昇格できた」と話した。広瀬浩主将からは「優勝して昇格とはいかなかったが、J3で培ったことをJ2で発揮したい」と飛躍を誓い、チーム全員がサインしたボールを手渡した。

 福田知事は「アウェーにもかかわらず、多くのサポーターが会場で応援していた。J2初戦から勝って、彼らの期待に応えてほしい」とエールを送った。