残り3戦、昇格へ動き確認 栃木SC、19日にホームで鳥取戦

 明治安田J3第32節の栃木SCは19日午後5時から、県グリーンスタジアムで最下位の鳥取と対戦する。栃木SCの通算成績は16勝9分け4敗、勝ち点57。首位を維持するが、2位秋田が勝ち点差2、3位沼津が3差で追う展開。ホームで確実に勝ち点3を積み上げて首位を死守したい。

 前節、栃木はアウェーで琉球とスコアレスドロー。ここ3試合で勝ち星がなく3位転落も危ぶまれたが、ライバル秋田、沼津がともに敗れたために首位をキープ。だが横山雄次(よこやまゆうじ)監督は「外的要因に左右されるのはよくない。必要なのは自分たちに矢印を向けること」と引き締める。

 アウェー2連戦を終え、今週の練習はコンディション調整に重点を置いた。17日はハーフコートを使った紅白戦などに取り組み、サイドからの攻撃やパワープレーなどの動きを確かめた。

 鳥取は4勝7分け18敗、勝ち点19。12試合連続勝ちがなく、現在3連敗中。前期の直接対決では1−1で引き分けているが、横山監督は「ポゼッションを大事にしてパスが多いが、失点場面は満遍なくあるので付け入る隙はある」と分析する。