栃木SC、今季最多失点で最下位に黒星 守備の甘さ修正できず

 明治安田J3第15節は2日、各地で残り4試合を行い、栃木SCは大阪府吹田市の吹田スタジアムでG大阪−23に2−3と今季最多失点で敗れた。連勝は2で止まり、通算成績は7勝4分け3敗。順位は暫定4位のままだが首位秋田との勝ち点差は9に広がった。

 前半20分すぎから立て続けに決定機をつくった栃木SCは28分、左サイドからペナルティーエリア内に切れ込んだFW西谷和希(にしやかずき)がゴール前に低いクロスを送り、FW上形洋介(かみがたようすけ)が右足で押し込んで先制。しかし後半は開始から相手ペースとなり、5分に個人技で同点に追い付かれると、ボールホルダーへの寄せの甘さやルーズボールへの反応の遅さを修正できないまま12、16分と立て続けに失点した。