宇都宮地方気象台は8日午後9時22分、「大雨と雷および突風に関する栃木県気象情報」を発表した。県内では大気の非常に不安定な状態は解消されたが、9日明け方にかけて落雷、突風、急な強い雨に注意が必要だとしている。

 同気象台によると、9日にかけて前線が本州付近に停滞する見込み。