「海の宝石箱や~」。グルメリポーター彦摩呂(ひこまろ)さんだったら、そう言うだろうか。はじめに注文した「刺身4点盛り」(税別700円)。厚めに切った本マグロは口の中でとろけ、大ぶりのエビは舌を包み込むような甘さに思わず目尻が下がった。

Web写真館に別カットの写真

 「うちは新鮮な海の幸が売りですから」と胸を張る福田晋美(ふくだのぶよし)店長(36)。鮮魚店で働いていた経験を生かし、東京築地市場のほか、全国各地の漁港から産地直送で仕入れている。これからサンマが旬を迎え、10月初旬まで楽しめるそうだ。

 刺し身の次は、焼き物も食べたい。香ばしい磯の香りを漂わせて運ばれてきたのは「旬の魚串焼5本盛」(同1180円)。これは間違いなく、お酒に合う。県内酒蔵の個性あふれる日本酒を飲み比べられる「栃木の地酒3種類」(同700円)を楽しむのもいい。

 締めは、鮮魚に負けないくらい人気が高いという「だし巻き玉子」(同480円)を。うわ、なんでこんなにふわっふわなの。「まるで卵の宇宙遊泳や~」

 【メモ】宇都宮市馬場通り3の1の15▽営業時間 午後5時~午前1時(金・土曜、祝前日は午前3時)▽定休日 火曜▽(問)028・611・3994