市長表敬し、力強く「形」 空手全国大会前に小学生5人 足利

 【足利】「第60回小中学生全国空手道選手権大会」に出場する市内の小学生5人が21日、和泉(いずみ)聡(さとし)市長を表敬訪問した。5人は大会に向けた抱負を語り、力強い形を披露した。

 訪問したのは、小俣小6年宮下愛桜(みやしたあお)さん(12)、同5年宮下力(みやしたりき)君(10)、同4年山田怜臣(やまだれお)君(9)、山前小5年増沢陽希(ますざわはるき)君(11)、同3年増沢悠希(ますざわゆうき)君(8)の5人。

 全国大会には4月に開かれた県大会で3位以内に入るか、日本空手協会県本部の審査で選ばれた児童生徒が出場できる。第60回大会は8月5、6の両日、群馬県高崎市の高崎アリーナで開催される。