栃木SCジュニア初V サッカー関東少年県大会

 第3回関東少年サッカー大会県大会最終日は17日、大田原市美原公園陸上競技場で決勝などを行い、栃木SCジュニアが2−1の逆転でともぞうSCを破り、初優勝を勝ち取った。

 栃木SCジュニアは1点を追う後半18分、MFの浜野加成(はまのかなる)が味方のスルーパスに飛び出し、右サイドから同点シュート。その1分後には、MF石川丈慈(いしかわじょうじ)が自らドリブルで運んで、勝ち越し弾を放った。ともぞうSCは後半12分にFW谷中習人(やなかまなと)が先制点を決めたが守り切れなかった。

 上位3チームは8月18日から那須塩原市の青木サッカー場で行われる関東大会、4~7位の4チームは同5日から群馬県で行われる北関東大会にそれぞれ出場する。