県教委は7日、県立高の登山計画を事前にチェックする登山計画審査会で、県立高の山での雪上活動を全面的に禁止する方針を示した。11月の策定を目指している登山計画ガイドラインの素案に盛り込んだ。登頂を目的としない安全な場所での基礎的な訓練など、国が例外として容認している活動も禁ずるとして、昨年3月の那須町の雪崩事故前に掲げていた方針を転換した。

 ガイドラインは部活動や学校登山など、県立高の登山活動や計画作りの指針となる。雪崩事故の再発防止策の一環として、県教委が登山計画審査会の意見を踏まえ策定を進めている。