関東中学スポーツは10日までに、山梨県の小瀬スポーツ公園体育館ほかでソフトボールやバスケットボール、体操などを行った。

 女子ソフトボールは金田南が準優勝に輝き、3位の那須中央とともに全国大会に出場。金田南は決勝で薮塚本町(群馬)と延長十回に及ぶ熱戦を演じ、惜しくも1−2で敗れた。女子バスケットボールは陽南が準決勝で所沢山口に43−56で敗れたが、2年連続で全国大会への切符を手にした。

 体操は男子個人総合で安里透摩(やすざととうま)(宮の原)が5位に入賞し、全国大会へ駒を進めた。