ソフトテニス団体、男子南河内と女子今市が栄冠 栃木県中学総体

ソフトテニス団体、男子南河内と女子今市が栄冠 栃木県中学総体

 県中学総体は27日、県北体育館ほかで卓球、ソフトテニス、バドミントンなどを行った。

 ソフトテニスは男女団体を行い、男子決勝は南河内が2−0で国本に勝利、女子決勝は今市が2−0で黒磯を退けて優勝を飾った。卓球は男女団体を行い、男子は真岡、女子は北押原が制した。

 バドミントンは男女個人を行い、男子シングルスは中村恵大(小山二)、同ダブルスは安生悠透・芳田琉生(南摩)、女子シングルスは舛木さくら(陽北)、同ダブルスは清水響生花・佐々木一桃(宇大付属)が栄冠を手にした。