新体操の県中学春季大会は18日、県体育館で個人、団体の各種目を行い、個人総合は高瀬未怜(たかせみれい)(国分寺)が25・900点で優勝。団体(クラブ)は国分寺が制した。

 高瀬は種目別のフープで12・150点、ボールで13・750点をマークし、いずれも1位。個人総合2位は赤坂愛奈(あかさかあいな)(小山城南)、3位に阿部百花(あべももか)(上三川)が続いた。団体は国分寺と陽北が出場し、国分寺が9・000点をマークした。