野球の魅力、元プロが伝授 下野・小中学生対象に初教室

野球の魅力、元プロが伝授 下野・小中学生対象に初教室

 【下野】元プロ野球選手が講師を務める「第23回ダイワハウス全国少年少女野球教室」が14日、絹板の別処山公園Aグラウンドで開催され、町内外の小中学生約200人が参加した。

 公益財団法人「全国野球振興会」(日本プロ野球OBクラブ)が主催。将来を担う子どもたちへ野球の魅力や楽しさを伝えることでスポーツの普及や青少年の健全育成などを図る。

 昨年は中学硬式野球の栃木下野リトルシニアが第44回リトルシニア日本選手権大会で優勝。石橋高が秋の関東大会に出場するなど、地元の野球熱が高まっていることなどを受け、市内では初めて開かれた。

 鹿沼市出身で大洋(現DeNA)などで投手として活躍した五月女(さおとめ)豊(ゆたか)さん(68)、日光市出身でヤクルトの外野手だった鈴木康博(すずきやすひろ)さん(48)ら8人が指導。ポジションごとに分かれて守備練習や打撃練習などで約3時間、汗を流した。