宇都宮市などが進める次世代型路面電車(LRT)事業のJR宇都宮駅西側延伸に関し、同市の佐藤栄一(さとうえいいち)市長は6日の定例市議会一般質問で、「年内に駅横断ルートを確定する」との方針を明らかにした。第三セクターのLRT運営会社、宇都宮ライトレールの増資についても「年度内に行う必要がある」と初めて時期を明言し、「関係者と協議、調整していく」と述べた。渡辺道仁(わたなべみちひと)氏(自民)の質問に答えた。

 市が市東西を結ぶ基幹公共交通と位置付けるLRTは現在、優先整備区間の同駅東側で工事が進められている。一方、駅西側への延伸には駅の横断が不可欠で、市はこれまで鉄道施設への影響や西口駅前広場の土地利用などを検討してきた。6月には、有識者らでつくるLRTの検討委員会の中に駅交差部などに関する専門部会を設置した。