クリエイティブシティ・フォーラムのPRチラシ

 【宇都宮】市内の大学生が街なかで研究発表などを行う「クリエイティブシティ・フォーラム」が9日、江野町のオリオンスクエアで初めて開かれる。各大学が持つ芸術や音楽、スポーツなど特徴ある教育研究資源を知ってもらうのが狙い。

 フォーラムは芸術文化豊かなまちづくりを目指し、市内の大学や企業、市などが昨年設置した「市創造都市研究センター」と、市オリオン市民広場運営共同事業体が共催。

 当日は宇都宮共和大と作新学院大、帝京大宇都宮キャンパス、文星芸大の私立4校が参加。研究発表会(午前11時20分~)では「大谷における観光振興策とその課題」(宇都宮共和大)、「夜間観光の重要性」(作新学院大)など宇都宮で注目されているテーマについて発表する。大学プレゼンテーション(午後0時10分~)では、文星芸大のデジタル漫画など各校それぞれが取り組みを発表する。

 会場では飲食販売のほか、文星芸大の似顔絵制作コーナーや宇都宮共和大のゲーム大会など各校のブースも設置される。午前10時~午後3時。入場無料。(問)オリオンスクエア028・634・1722。