「栃木・宮沢賢治の会」の創立25周年記念誌を手にする小堀代表代行(左)と豊田副代表

 岩手県に生まれた詩人・童話作家宮沢賢治(1896〜1933年)の愛好者でつくる「栃木・宮沢賢治の会」が創立25周年記念誌を発行した。3月で300号を迎える会報を中心に収め、その歩みを丁寧にまとめた。四半世紀を経てなお活動に対する意欲は高く、「県内に賢治の碑を建立したい」(同会の小堀博代表代行)との目標を掲げている。

 同会は1997年5月、宇都宮市在住の彫刻家栗原俊明さんらが発起人となり、県内の賢治愛好家5人で発足した。栗原さんは宮沢賢治記念館(岩手県花巻市)に建つ彫刻碑を制作した。

残り:約 485文字