宇賀神(作新)無念の転倒 スピード男子500 全国高校スケート

 全国高校総体(インターハイ)第67回全国高校スケート・アイスホッケー競技選手権大会第2日は23日、北海道帯広市でアイスホッケー、山梨県内でスケートのスピードとフィギュアの各種目を行った。

 スピードスケート男子500メートルは、入賞が期待された宇賀神怜真(うがじんれいま)(作新)がゴール直前に転倒し66位。青山悠輝(あおやまゆうき)(鹿商工)と女子500メートルの吉原千智(よしはらちさと)(日光明峰)はともに53位だった。

 アイスホッケーは1回戦で江陵(北海道)と対戦し、6−2の快勝。第1ピリオド3分、FW園田啓人(そのだけいと)のゴールで先制すると、続く14分にFW永田誉(ながたほまれ)が追加点を挙げた。さらに第2ピリオドで3点、第3ピリオドで1点を追加し、攻守で圧倒した。

 フィギュアスケート女子の八巻絵梨花(やまきえりか)(石橋)は、予選A組25位で決勝進出に一歩届かなかった。

 大会第3日は24日行われ、アイスホッケーの日光明峰は2回戦で武修館(北海道)と対戦。スピードは、男子1000メートルに渡辺拓(わたなべたく)(日光明峰)らが挑む。フィギュアスケートは、男子予選に平田(ひらた)大和(やまと)(宇北)、女子予選B組に田所二千羽(たどころにちは)(宇南)が挑戦する。