宇賀神(作新)、500メートルも制し2冠 関東高校スピードスケート

 スピードスケートの第24回関東高校選手権大会最終日は14日、日光霧降スケートセンターで男女の500メートルと1500メートルを行い、男子500メートルは宇賀神怜真(うがじんれいま)(作新)が38秒95をマークして初優勝、前日の1000メートルと合わせて2冠を達成した。

 男子1500メートルは渡辺拓(わたなべたく)(日光明峰)が2分2秒25で2位と健闘し、平岡寛章(ひらおかひろあき)(作新)が9位。男子500メートルの青山悠輝(あおやまゆうき)(鹿商工)は7位、女子500メートルの吉原千智(よしはらちさと)(日光明峰)は52秒09で5位だった。